【体験談】italki(アイトーキー)オンライン外国語学習レビュー

Language

日本での一般的な知名度はまだあまり高くありませんが、italki(アイトーキー)は、オンラインで外国語を学ぶことのできるプラットホームです。

この記事では、

『italkiの有料レッスンって実際どんな感じかな?』

『実際にitalkiで有料レッスンを受けた人の感想は?』

といった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • italkiのサービス概要(レッスン内容や料金)
  • 実際に半年間レッスンを受けての感想 (メリット・デメリット)

この記事を書いている私は、実際に約半年間 italki で有料レッスンを受講してきました。

これまでの体験をもとに、 italki メリットとデメリットなどもまとめていきます。

結論として、italki は、

  • 1レッスンごとの支払いなのでスケジュール調整しやすい
  • 予算に合わせて自由にレッスンを受講することが出来る
  • マンツーマンのレッスンなので、自分のレベルや学びたい分野を集中的に学べる
  • レッスン内容は先生が生徒に合わせてカスタマイズしてくれる
  • 英語以外の言語も学べる

といった点でおすすめできるオンライン語学学習のサービスです。

italkiの登録方法から有料レッスン受講までの流れは、『italki(アイトーキー)の登録方法と使い方【オンライン外国語学習】』にまとめてあります。

Sponsored Links

italki(アイトーキー)とは?

まず簡単に、italki(アイトーキー)とは何かを紹介していきます。

すでに知っている方は、読み飛ばしてもらっても構いません。

italki とは

italki(アイトーキー) は、世界中で500万人以上が利用している語学学習者のためのオンライン・プラットフォームです。

italkiでは、英語に限らず、フランス語、韓国語、スペイン語など130種類以上の言語を学ぶことができます。

italkiには主に3つの使い方があります。

italki 3つの使い方

  1. ネイティブ講師から有料レッスンを受ける
  2. 日本語講師として有料でレッスンを提供する
  3. ラングエージ・エクスチェンジで無料で日本語を教える代わりにその人の国の言語を教えてもらう

今回は『ネイティブ講師から有料レッスンを受ける』場合の使い方をメインにご紹介します。

2つの先生タイプ

italki に登録している先生には『プロ教師』と『コミュニティ・チューター』の2つのタイプの先生がいます。

プロ教師(Professional):  実際に言語教師の経験を積んだ先生で、プロ教師として italki に登録するには語学教育における資格証明書または学位が必要となります。比較的に質の高いレッスンを受けられます。

コミュニティー・チューター (Community tutor):ネイティブスピーカー、もしくはその言語の上級者レベルの先生です。特別な資格がなくても登録できます。日常会話の練習などにおすすめとされています。

有料でレッスンを受ける場合には、この2つのタイプの先生の中から、自分の語学学習目的にあった先生を見つけ、オンラインで会話レッスンを受けることができます。

レッスン内容と時間

レッスン内容や時間は先生によって異なります。

レッスン内容は、日常会話や、ビジネス会話、試験対策、発音練習、など、さまざまなレッスンを提供している先生がいます。

レッスンの時間は、基本的に、30分、45分、60分、90分の中から選ぶことができます。

あなたの学習目的にあった先生を探してみましょう。

1レッスン毎に予約することが可能なので、複数の先生からレッスンを受けることや、途中で先生を変更することも可能です。

平均のレッスン料

italkiは入会費や月会費がなく、1レッスンごとの支払いとなっています。

レッスンの金額は、一律ではなく、先生がそれぞれ決めているため、先生によって料金が異なります

プロ教師のレッスン料の方が、値段設定が高めな傾向にあります。

目安としては、1レッスン(60分)だと、約1,000円~2,000円くらいだと言われています。

私は、現在プロ教師から、 1レッスン(60分)約2000円でレッスンを受けています。

コミュニティ・チューターの中には、1レッスン1000円以下でレッスンを提供している先生も多くいます。

予算に限りがある場合、プロ教師とコミュニティ・チューターとのレッスンをうまく組み合わせてみるのもいいかもしれません。

体験レッスン

ほとんどの先生が、半額程度で『30分の体験レッスン』を設けています。

体験レッスンをすることで、各先生の教え方や相性を確認することができます。

1レッスン毎の予約が出来るので、気になる先生を見つけたらまずは体験レッスンを受けてみることをおすすめします。

料金の支払い方法

レッスン料金は、実際にレッスンを受けてからの後払いとなっています。

先生と生徒が直接料金をやり取りするのではなく、italkiが間に入り、双方にとって安心して使えるシステムになっています。

支払いの流れとしては、一度サイトで『アイトーキクレジット』と呼ばれるポイントを買い、そのポイントでレッスン料を支払うという形になります。

アイトーキポイントはドル($)で表示され、買ったときに支払った金額がそのままポイントとなります。

レッスン後に、レッスンが行われたかを生徒側が認証するまでは、残高から引かれることがありません。

また、レッスンに問題があった場合には、ポイントを返してもらえるようです。

アイトーキポイントの支払い方法は、

  • デビット、クレジットカード
  • ペイパル(PayPal)
  • 銀行振込

の3つです。

アイトーキクレジットは、あらかじめポイントを買っておかなくても、レッスンを予約するときに、レッスン毎に支払うことも可能です。

レッスンを受けるのに必要なもの

アイトーキーでは、以下の6つのコミュニケーションツールの内のどれかを使ってレッスンを受けることができます。

  • Skype(スカイプ)
  • Google Hangouts(グーグル ハングアウト)
  • FaceTime(フェイスタイム)
  • Wechat(ウィーチャット )
  • QQ(キューキュー)
  • italki Classroom(アイトーキ・クラスルーム)

コミュニケーション手段として、主に利用されているのが Skypeです。

その他にも、Google HangoutsFaceTimeもよく使われるコミュニケーション手段としてあげられています。

私は、始め Google Hangout を使ってレッスンを受けていましたが、繋がりにくいことやトラブルが多かったので、途中から Skype に切り替えました。

中国語学習の人は WechatQQがおすすめなようです。

italki Classroom は、ビデオ通話のできる italki プラットフォーム専用の新機能で、 2019年12月に追加されました。

この機能によって、 Skypeなどの外部コミュニケーションツールをもっていなくても、italkiのアプリやサイトからレッスンを受けることができるようになりました。

実際に半年間レッスンを受けての感想

italki は、日本のユーザーはまだ少ないようですが、ヨーロッパ(少なくとも私の周り)では利用している人が多いです。

私は、語学学校で出会った友人に italki のことを教えてもらい、約半年間 italki で英語レッスンを受けてきました。

ちなみに、私の学習目的は、ビジネス英語をメインに学ぶことと、英語を話すことに自信をつけることです。

転職をきっかけに英語環境の職場で、英語力に自信をなくす一方だったので、思い切って italki を利用してみることを決めました。

現在は、月に2~4回のペースで、60分のレッスンを受けています。

italki のメリット

  • 1レッスンごとの支払いなのでスケジュール調整しやすい
  • 予算に合わせて自由にレッスンを受講することが出来る
  • マンツーマンのレッスンなので、自分のレベルや学びたい分野を集中的に学べる
  • レッスン内容は先生が生徒に合わせてカスタマイズしてくれる
  • 英語以外の言語も学べる

私が半年間 italki を利用して感じる最大のメリットは、生徒が自分の学習目的やニーズに合わせて、パーソナライズ化した授業を受けられることだと思います。

先生の出身地や時間、料金、レッスン内容など、選択肢が多いため、細かいことまで好きなように調整することができます。

例えば、italkiでは、先生の話すアクセントが、アメリカ英語がいいのか、イギリス英語がいいのかまで選択可能です。

先生の中には、日本語も話せる先生もいるので、初心者レベルで不安な方は、そのような先生を探してみるのもおすすめです。

私もイギリス出身の先生で、日本で英語の先生をしていたという方のレッスンを受けたことがあります。

日本語も流暢に話せる上に、日本の文化や英語学習の背景も理解している先生だったので、楽しい授業を受けることができました。

また、レッスン料が、 月額制ではなく、都度払いでOKなので自分のペースで学習できるのも italki の大きな特徴です。

これにより、スケジュールや予算に合わせてレッスンの回数や時間の調整ができるのがかなり助かります。

私は、仕事が忙しいときはレッスンを減らしたり、大事なプレゼンがある前にはレッスンの回数を増やしたりしています。

italki のデメリット

  • 指定の教材がないので、自分の学習目的を先生に明確に理解してもらう必要がある
  • 月払い制のオンライン英会話などに比べるとモチベーションを保つのが難しい
  • レッスンの予約リクエストを出してから先生の承諾が必要

italki では、自分の学習目的を明確にしておくことがとても大事です。

というのも、italkiには指定された教材やレッスン内容が決まっていないので、先生と生徒の間で話し合ってどのようなレッスンにしていくかを決めていきます。

例えば、私の場合、ビジネス英語の中でも具体的にどの部分をどのように向上したいのか?など、詳しく先生に質問されました。

そこで学習目的を先生にしっかり理解してもらわなければ、レッスン内容が思っていたのと違う。。。なんてことにもなりえます。

また、レッスンをどの頻度で受けるのかなどは、自分次第なので、月払い制のオンライン英会話などに比べるとモチベーションを保つのが難しいかもしれません。

レッスンの予約リクエストを出してから講師の承諾が必要なので、先生によっては自分の希望する時間をリクエストしてから承諾されるまでに時間がかかることがあります。

人気の先生だとすぐにスケジュールが埋まってしまうため、前もってレッスンを予約しておく必要があります。

そのため、事前に予定を組むのがめんどくさいという方や、時間が空いた時にすぐレッスンを受けたいという方にはあまり向いていないかもしれません。

まとめ

この記事では、約半年間 italki で有料レッスンを受講してきた経験をもとに、italkiの基本的なサービス概要や特徴に加えて、italki のメリット・デメリットをご紹介しました。

  • italkiのサービス概要(レッスン内容や料金)
  • 実際に半年間レッスンを受けての感想 (メリット・デメリット)

もしよければ参考にどうぞ。

※2020年3月現在の情報です。最新の情報につきましてはitalki公式サイトをご確認ください。

Language
Sponsored Links
シェアする
Exploring 4EVER
タイトルとURLをコピーしました