CEFR(セファール)とは?語学力を表す世界基準を分かりやすく解説

Language

あなたは 『英語力』について質問されたらどのように答えますか?

もしその質問をした相手が英検やTOEICを知らなければ、『英検1級くらいです。』、『TOEICで800点です。』と言っても、あなたの英語力を分かってもらえませんよね。

そこで、役に立つのが『CEFR(セファール)』という語学力を表すことのできる便利で分かりやすい世界基準です。

本記事の内容

  • CEFRとは?
  • CEFRはなぜ必要?
  • 各英語検定試験をCEFRで表すとどのレベル?
  • 日本の大学入試でもCEFRが使われる?

この記事を書いている私も、ヨーロッパの大学院へ入学を考えている際に、このCEFRという基準のことを知りました。

CEFRは英語に限らず、あらゆる言語でのコミュニケーション能力を測ることの出来る便利な世界基準なので、海外留学を考えている方や外国語を勉強している方は必見です!

Sponsored Links

CEFRとは?

CEFR(Common European Framework of Reference)は、 語学能力を評価する国際的な基準で、日本語ではヨーロッパ言語共通参照枠とも呼ばれています。

CEFRはヨーロッパで20年以上にわたる研究のもとに開発され、2001年から公式に活用され始めました。

多言語が行き交うヨーロッパで、CEFRは「どの言語をどれくらい扱えるのか」というのを分かりやすく評価できる基準として役立っています。

現在では日本語を含む40か国語の運用能力を、CEFRの定める6つの外国語の習得レベル(A1、A2、B1、B2、C1、C2)に置き換えることができます。

それぞれ各レベルで、その言語で具体的に何ができるのかが詳しく定められており、これによって各言語の語学試験や検定を同じ尺度を使って評価することができるようになりました。

6つのレベルは、大きく『A:基礎段階』『B:自立段階』『C:熟達段階』の3つに分けられます。

CEFR:各レベルの定義

A:基礎段階の語学使用者(初級)

A1
  • よく使われる日常的表現と基本的なフレーズを理解し、使うことができる
  • 自分や他人のことを紹介することができ、住んでいる場所や持ち物などについて、質問をしたり、答えたりすることができる
  • 相手がゆっくりとはっきりと話してくれれば、簡単なやり取りをすることができる
A2
  • 直接的に関係があることやに関しては、文章や頻繁に使われる表現が理解できる (例:基本的な個人情報、家族のこと、買い物、地元の地理、仕事など
  • 簡単で身近な日常の事柄について、シンプルな情報を交換することができる

B:自立した語学使用者(中級)

B1
  • 仕事や学校などで普段出会うような馴染みのある話題について、主なポイントを理解することができる
  • その言葉が話されている地域で起こりそうな、ほとんどの状況に対処することができる
  • 身近な話題や関心のある話題について、筋の通ったシンプルな文章を作ることができる
B2
  • 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的かつ具体的なトピックでも、複雑な文章の主な内容を理解できる
  • 流暢かつ自然にネイティブスピーカーと普通にやり取りができる
  • 幅広い話題について、明確で詳しい文章を作ることができる

C:熟練した語学使用者(上級)

C1
  • いろいろな種類の高度な内容の長い文章を理解して、暗黙の意味を認識できる
  • 言葉を探しているという印象を与えずに、流暢かつ自然に自己表現ができる
  • 社会生活や学問上、職業上の目的で、柔軟かつ効果的に言葉を使うことができる
  • 複雑な話題について明確かつ詳細なしっかりとした文章を構成することができる
C2
  • 聞いたり読んだりした、ほぼ全ての話題を容易に理解することができる
  • 話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめて、根拠や論点も一貫した方法で再構築することができる
  • 流暢かつ自然で正確に自己表現ができる

(引用) ブリティッシュ・カウンシル、ケンブリッジ大学英語検定機構 

CEFRはなぜ必要?

CEFRは、国境を越えて、 異なる語学検定や異なる語言でのコミュニケーション能力を相互に比較するための『ものさし』だと言えます。

例えば、自分の英語力がどれくらいかを表すのに、ヨーロッパで「英検〇級』、『TOEICのスコア〇点』と言っても、なかなか伝わりません。

日本では有名なTOEICや英検ですが、ヨーロッパ圏での認知度は低いので、相手にそのレベルが伝わりにくいのです。

そこで役に立つのが、CEFR

『英検準一級はTOEICでいう何点相当なのか?』

『英検準一級はどれくらい英語を扱えるのか?』

というのを同じ『ものさし』で測りましょう!

というのがCEFRの概念です。

CEFRを用いることで、

  • TOEIC700点 = CEFRのB1レベル
  • 英検準一級 = CEFRのB2レベル

というように異なる語学検定のスコアを統一の尺度で測ることができるというワケです。

つまりCEFRはあくまでも基準であり、試験や資格ではありません

CEFRの特徴
  • 異なる語学検定を相互に比較することができる
    (例えば:IELTS6.0=英検準一級)
  • 40か国語の語学力を相互に比較することができる
    (例えば:英語B2 =ドイツ語B2 = 日本語B2)

各英語検定試験とCEFRの対照表

実際に英語の資格・検定試験を参考にして、CEFRの対照表を見てみましょう。

CEFRの定義したC2のネイティブレベルともなると、ほとんどの検定試験では測ることのできないレベルとなっています。

CEFRCambridge
English
IELTSTOEFL
iBT
英検TOEIC
(L&R)
TOEIC
(S&W)
C2CPE8.5 ~ 9.0 
C1CAE7.0 ~ 8.095 ~ 120 1級 945 ~ 990360 ~ 400
B2FCE5.5 ~ 6.572 ~ 94 準1級 785 ~ 944310 ~ 340
B1PET4.0 ~ 5.042 ~ 71 2級 550 ~ 784240 ~ 290
A2KET3.0  準2級 225 ~ 549160 ~ 220
A1 2.0  3級-5級 120 ~ 22480 ~ 140

ヨーロッパ圏内で、どれくらいの言語力があるのかを表すときに『(CEFRの)◯◯レベル』と言えば、その言語でどのぐらいのコミュニケーション力があるのかを分かってもらえます。

あなたの持っている英語の資格や検定のスコアは、CEFRのどのレベルでしたか?

語学留学を考えている方や英語を勉強している方は、このCEFRで定められたレベルを基にして英語学習の目標を立てるのもいいかもしれません。

日本の大学入試でもCEFRが使われる?

日本ではあまり知られていなかったCEFRですが、文部科学省が2021年度の大学受験から導入すると発表していた『大学入試英語成績提供システム』により、日本でもこのCEFRへの関心が高まりました。

2021年度の導入は見送られることになったこのシステムですが、この政策にはCEFRが活用される予定でした。

これまでの大学入試で重視していた英語の 『読む』『聞く』の2技能に、英語を『話す』『書く』も合わせた4技能を適切に評価していこう!

という考えがベースとなっています。

しかし、実際に英語を『話す』『書く』を適切に評価するには、

スピーキングテストやライティングテストなどが必要です。

それをセンター試験で実施するとなると、日程や採点の面でかなりの時間がかかりますよね。

そこで、民間の英語資格・検定試験(英検やTOEFLなど)を活用して、

英語の4技能 『読む』『聞く』『話す』『書く』を総合的に評価しよう!

と計画されたのがこの大学入試英語成績提供システムなのです。

簡単にこのシステムを説明すると、

  1. 受験生に民間の資格・検定試験を受験してもらう
  2. 受験生の成績を大学入試センターが集める
  3. 大学入試センターが各大学へ受験生の成績を提供する

という流れになります。

文部科学省は、下記の民間の英語資格・検定試験を対象とすることを発表していました。

対象とされていた英語の資格・検定試験
  • ケンブリッジ英語検定
  • IELTS(アカデミック・モジュール)
  • TOEFL iBT
  • GTEC(共通テスト版)
  • TEAP
  • TEAP CBT
  • 実用英語技能検定(S-CBT)

これらの異なる検定試験の結果を同一の基準で比較するために、大学入試センターは、受験生の検定試験の成績と一緒にCEFRのレベルを各大学へ提供することになっていました。

実際に、このシステムを利用する予定だった大学は 半分以上(58.9%)だったようです。

例えば、東京大学は、 2021年度の一般入試では、従来の出願要件に加えて、CEFRのA2レベル以上に相当する英語力があることを証明しなければ出願は受理できないとの追加の出願要件を発表していました。

文部省が『大学入試英語成績提供システムの導入を見送ったことを踏まえて、東京大学はこの出願要件の追加の取り消しを後日発表しています。

2021年度の大学入試においての導入は中止となりましたが、再導入の時期は2024年度との情報もあり、いずれ大学入試でこのシステムが導入される可能性は大きいのではないかと思われます。

公式HP文部科学省│大学入試英語ポータルサイト

まとめ

この記事では、 語学能力を評価する国際的な基準CEFRについてご紹介しました。

  • CEFRとは?
  • CEFRはなぜ必要?
  • 各英語検定試験とCEFRの対照表
  • 日本の大学入試でもCEFRが使われる?

※ 2020年1月現在の情報です。最新の情報につきましては公式サイトをご確認ください。

Language
Sponsored Links
シェアする
Exploring 4EVER
タイトルとURLをコピーしました