TEDが英語学習に最適な理由とおすすめの勉強方法【保存版】

Language

英語学習に最適な『TED Talks』を知っていますか?

TED Talks は、世界の著名人のプレゼンを配信しているサービスで、最近ではTEDの動画を英語のレッスンで活用している先生もよくみかけます。

この記事では、TED Talks が英語学習に最適な理由とおすすめの学習方法をご紹介します。

本記事の内容

  • TED Talksとは?
  • TEDが英語学習に最適な理由5つ
  • TEDを活用したおすすめの英語学習方法

この記事を書いている私は、ニュージーランドでワーホリ留学しているときに友人に勧められてTEDを知り、これまでに数々のプレゼン動画を TED Talks で視聴してきました。

結論として、TED Talks は、

  • 世界中の著名人のプレゼンが無料で聞ける
  • 英語だけじゃなくて新しい見解やアイデア手に入る
  • 英語原稿(スクリプト)と日本語訳の全文が無料で手に入る
  • 世界中のアクセント、訛り、話し方にふれることができる
  • 動画の時間が10-20分程度なのでサクッと見ることができる

といった点で英語学習におすすめできる動画配信サービスです。

この記事で紹介するおすすめの英語学習法は『リスニング力を向上したい方』、『語彙力を鍛えたい方』、『発音やアクセントを学びたい方』向けです。

Sponsored Links

TED Talksとは?

引用:https://www.ted.com/talks

TEDは、ニューヨークに本拠地を置き『Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)』というスローガンのもとに世界各地で活動を行っている非営利団体です。

世界に広める価値があると思われるアイデアを共有する場として、TEDカンファレンス(プレゼンテーションの場)を提供すると共に、インターネットを通じてそのプレゼンの映像を世界に広める活動を行っています。

TED talksは、幅広い分野の専門家たちのプレゼンテーションを無料で視聴することの出来る動画配信サービスです。

経営者、モデル、数学者、コーチなど、さまざまな著名人のスピーチを聞くことができます。

プレゼンテーションや講演と聞くと、難しそうなイメージを持つ方も多いと思います。

TEDは一般人に向けたプレゼンテーションなので、内容を分かりやすくまとめたものが多くて、とても見やすいです。

TEDが英語学習に最適な理由5つ

英語学習にとても魅力的なTED動画!

TED Talks が英語の勉強に最適な理由を5つに絞ってご紹介します。

  • 世界中の著名人のプレゼンが無料で聞ける
  • 英語だけじゃなくて新しい見解やアイデア手に入る
  • 英語原稿(スクリプト)と日本語訳の全文が無料で手に入る
  • 世界中のアクセント、訛り、話し方にふれることができる
  • 動画の時間が10-20分程度なのでサクッと見ることができる

世界中の著名人のプレゼンが無料で聞ける

TED Talks では、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ、映画監督のジェームス・キャメロンなど世界的にも有名な著名人によるプレゼンも無料で視聴することができます

編集が加えられていない、リアルなスピーチから、スピーカをより身近に感じられることも TED Talks の魅力の一つです。

大勢の聴衆に話しかけているゲストが客席側から動画に収められているので、観客の一員としてスピーチを聞いているような気分になります。

英語だけじゃなくて新しい見解やアイデア手に入る

TED Talks には、キャリアにつながるスピーチから、新しい習慣を習得するのに役立つスピーチなど、インスピレーションを与えてくれる動画であふれています

  • 北朝鮮から脱出したイ・ヒョンソさんが語る『脱走の経緯とその後の生活』
  • モデルのキャメロン・ラッセルさんが語る『モデル業界の裏側』

など、普通に生活しているだけでは触れることがないような幅広いジャンルのスピーチに出会うことができます。

どれも興味深い内容のプレゼン動画ばかりなので、視野を広げるのにも最適です。

英語原稿(スクリプト)と日本語訳の全文が無料で手に入る

TED Talks では、英語の原稿に加えて、日本語を含むさまざまな言語に訳された原稿を無料で手に入れることができます

これは、TED Translators(TEDトランスレーターズ)と呼ばれる、翻訳ボランティアのグローバルコミュニティに参加している方々の協力によるものだそうです。

音声と英語+日本語の原稿がそろっている TED Talks は、英語学習にうってつけです。

世界中のアクセント、訛り、話し方にふれることができる

TEDのスピーカーは世界中から集まるので、プレゼン動画を視聴することで、色々なアクセントや訛りにふれることができます

また、人それぞれ話すスピードや表現の仕方には違いがあるので、英語学習の教材で聞く英語とは違うリアルな英語を経験することができます。

色々な英語の訛りや話し方に慣れておくことで、留学先や旅行先でコミュニケーションを取りやすくなります。

また、IELTS試験を受けたいと考えている方は、そのリスニング対策にもなります。

動画の時間が10-20分程度なのでサクッと見ることができる

TED Talks では、プレゼン動画が約10-20分でまとめられているので、スキマ時間に気軽に視聴することができます

短い動画だと3分程度の動画もあるので、私はよく通勤時間や家事をしながら動画を視聴したり、音声を聞き流したりしています。

TEDを活用したおすすめの英語学習方法

ここで紹介する TED Talks を活用した英語学習方法は、

  • リスニング力を向上したい
  • 語彙力を鍛えたい
  • 発音を学びたい

といった方に向けたものです。

TED Talks で配信されているのは、プレゼン動画なので、実際の日常英会話を身につけたい方にはあまり向いていません

しかし、TED Talks を見ることで、会話のネタができるという面ではプラスにもなります。

私がおすすめするTED Talks を活用した英語の勉強方法は、下記の4ステップです。

  1. 興味のある動画を探す
  2. 動画を視聴する
  3. TEDの原稿(スクリプト)を読む
  4. ディクテーション&シャドーイング

①~➂が基本の勉強方法で、➃は時間に余裕があるときなどに実践しています。

1. 興味のある動画を探す

動画選びは重要です!

好きな分野じゃなかったり、あまりに長い動画だと集中力が続きません。

初めの頃は、

  • 自分の興味のあるテーマ、
  • 動画の時間が10分以内のもの

を選ぶのがおすすめです。

どれがいいか分からない。という方は、まずは、マット・カッツさんの『30日間チャレンジ』からはじめてみてはいかがでしょうか?

3分半の短い動画ですが、私が影響を受けた動画の一つです。

この動画については、別の記事『人生を変える30日間チャレンジ!アイディア集と実際に試してみた感想』でも紹介しているので、興味のある方は参考にどうぞ。

2. 動画を見ながらリスニング

字幕は、動画の右下にある吹き出しのアイコンから調整できます。

字幕の設定を変えながら、3回動画を視聴してみることをおすすめします。

  1. 字幕なし
  2. 英語字幕
  3. 日本語字幕

最初は字幕なしの視聴してどれくらい理解できるのかを試してみます。

次に英語字幕をONにして、字幕なしで聞き取れなかった単語などをチェックします。

動画の再生スピードを変えることもできるので、早すぎて聞き取れない場合は、再生速度を0.75倍速などに設定してリスニングをしてみてください。

再生速度は、字幕のアイコンの右隣にある歯車のアイコンから調整できます。

それでも、全く理解できない場合は動画自体を選びなおすことを考えてみましょう。

最後に、日本語字幕を付けて、プレゼン内容を全体的に把握します。

TEDには動画をダウンロードしておける便利な機能もあります。

  • スマホ ⇒ TEDのアプリで動画をオフライン再生用にダウンロードすることが可能
  • パソコン ⇒ TEDの公式サイトから動画または音声をダウンロードすることが可能

この機能を活用して、お気に入りの動画は、いつでも聞くことができるように、ダウンロードしておくのもいいかもしれません。

3. TEDの原稿(スクリプト)を読む

TED公式サイトの動画の左下から『Transcript』をクリックすれば日本語と英語の両方が手に入ります。

まずは、英語の原稿を読み、分からない部分を日本語訳の原稿で確認するという感じがおすすめです。

動画の進行と同時に、スピーカーが話している箇所が原稿内でハイライトされていきます。

繰り返し聞きたい文を原稿内でクリックすると、その箇所に戻って動画が再生されます。

発音が難しくて聞き取れなかった文などがあれば、その部分をクリックして繰り返し聞いてみましょう。

英語の原稿を読んでもよく分からない言い回しや文などは、日本語訳の原稿を確認してみましょう。

一語一句を英語の原稿と比較して訳したりするのではなく、話し手の言いたいことを全体的に理解することがここでのポイントです。

4. ディクテーション&シャドーイング

TED Talks の動画は、ディクテーションやシャドーイングにも最適です。

ディクテーションは、英語の音声を聞きながら、流れてくる英語をそのまま文字に書き出していくトレーニングです。

TED Talks のスピーチ動画は、音声と原稿がそろっているので、ディクテーションの教材にピッタリです。

長すぎると、書き留めるのが大変なので、スピーチの音声から30秒程度をディクテーションしてみましょう。

ディクテーションの流れとしては、

  1. 聞こえた音声をノートや紙、もしくはパソコンなどに文字として書き留める
  2. 英文の原稿と照らし合わせて聞き取れなかった箇所を確認する

という感じになります。

シャドーイングは、聞こえた音声を影のようにリピートして復唱する練習です。

英語の『音』に慣れるのに効果的なトレーニング方法として知られています。

TED Talks の音声をつかってシャドーイングの練習をすることで、話し手の間の取り方や表現力も学ぶことができます。

まとめ

この記事では、TED Talks が英語学習に最適な理由とおすすめの学習方法をご紹介しました。

  • TED Talksとは?
  • TEDが英語学習に最適な理由5つ
  • TEDを活用したおすすめの英語学習方法

TED Talks は無料で利用できるサービスなので、気になる方は、とりあえず使ってみるのがおすすめです!

TED Talks の動画を活用して、英語の勉強をしてみたいなと考えている方の少しでも参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました