スペインのリゾート地マヨルカ島│パルマ・デ・マヨルカ旧市街の見どころ

Travel

スペインのマヨルカ島という島をご存じですか?

ヨーロッパのリゾート地として有名な地中海に浮かぶスペインのマヨルカ島には、

美しいビーチや自然に加えて、文化的な見どころもたくさん。

この記事では、マヨルカ島の旅行を考えている方に向けて、パルマ・デ・マヨルカの旧市街地の見どころをご紹介します。

本記事の内容

  • パルマ・デ・マヨルカについて
  • パルマ・デ・マヨルカ大聖堂
  • アルムダイナ宮殿
  • 旧市街地の散策

この記事を書いている私は、2019年9月にスペインのマヨルカ島に行きました。

中世の街並みが残るパルマ・デ・マヨルカの旧市街地は、マヨルカ島を訪れる際には、ぜひ散策してみて欲しい場所の一つです!

Sponsored Links

主都パルマ・デ・マヨルカ

年間で300日が晴れるという気候に恵まれたスペインのマヨルカ島(Mallorca) は、ヨーロッパでは有名なリゾートアイランドです。

そんなマヨルカ島観光の拠点となっているのが、島の南西部に位置する主都 パルマ・デ・マヨルカ (Palma de Mallorca)で、島の人口の半分以上がこの中心都市圏に住んでいます。

パルマ・デ・マヨルカには旧市街地が広がっていて、歴史的な史跡、グルメ、ショッピングなど見どころが満載。

美しいビーチも魅力的ですが、 旧市街地の街歩きをしながら中世の雰囲気も楽しんでみましょう。

パルマ・デ・マヨルカ大聖堂

パルマ・デ・マヨルカの観光で絶対に外せないのが、重要文化財にも指定されている街のシンボル 『パルマ大聖堂(Catedral de Mallorca) 』です。

パルマ大聖堂は、『サンタ・マリア・パルマ・デ・マヨルカ大聖堂(Catedral de Santa María de Palma de Mallorca)』、もしくはカタルーニャ語で『ラ・セウ(La Seu)』とも呼ばれています。

マヨルカ大聖堂はの建設は、13世紀に始まり、1630年代に完成しましたが、1851年の地震で建物の正面部分が大きく破損してしまいます。

その修復工事には、サグラダ・ファミリアの設計者として有名な建築家のアントニ・ガウディも関わったことで知られています。

ガウディは1904年から1914年にかけて、大聖堂の改修に携わり、聖歌隊席・祭壇などの配置変更、壁画・天蓋のデザインを行いました。

大聖堂の中を見学するのは、日の光が差し込む時間がおすすめです。

『光の大聖堂』とも呼ばれるだけあって、色とりどりのスタンドグラスから入る光の芸術がとても綺麗!

正式名称
  Catedral de Santa María de Palma de Mallorca

住所
   Placa la Seu s/n, 07001 Palma de Mallorca, Majorca, Spain (Googleマップ

公式HP
  https://catedraldemallorca.org/en/

アルムダイナ宮殿

大聖堂のすぐ隣に建っているのが『アルムダイナ宮殿(Royal Palace of La Almudaina)』。

アルムダイナ宮殿は、元々は アラブの要塞だった建物をマヨルカ王ジェームズ2世( King James II)が、14世紀初めに再建されました。

この宮殿はスペイン国王の夏の公邸のひとつとして現在でも公式行事で利用されています。

マヨルカ大聖堂とアルムダイナ宮殿はパルマ湾を一望できる高台に建っているので、アルムダイナ宮殿から東へと続く城壁の上を歩いてみるのもおすすめです。

正式名称
  Palau de l’Almudaina

住所
   Calle Palau Reial s/n, 07001 Palma de Mallorca, Majorca, Spain(Googleマップ

公式HP
  https://www.patrimonionacional.es/en/real-sitio/palacio-real-de-la-almudaina

旧市街地の散歩

パルマ・デ・マヨルカの魅力は何といっても旧市街地。

旧市街地の迷路のような裏路地には、いくつもの細い道が広がっていて、気ままにぶらぶら歩いているだけでも十分に楽しむことができます。

暖色系の建物が狭い石畳の路地の両側に建ち並んでいて、どの路地に入って写真撮っても絵になります。

裏路地を散歩中、石畳の細い道にパカパカと馬の蹄の音を響かせながら 走っている観光馬車もよく見かけました。

旧市街地には、オリバー市場(Mercat de L’Olivar)などといった大きな市場もあるので、 街歩きの途中で寄ってみるのもおすすめです。

果物、海鮮物、肉類などの食品店から雑貨店やアクセサリー店まで、幅広いジャンルのお店が多数入っています。

オリバー市場では、マヨルカ島のお土産になるオリーブ・オイルやマヨルカ塩なども手に入ります。

観光で疲れた時には、静かで小さな公園で少し休憩をとることもできます。

写真の公園は、パルマ大聖堂のすぐ裏側にある『ジャルディ・デル・ビスべ(Jardí del Bisbe) 』という小さな公園です。

歴史的な史跡だけでなく、スタイリッシュなレストラン、カフェ、ショップも充実しているのも、 パルマ・デ・マヨルカ旧市街地の魅力のひとつ。

歩き疲れたら、カフェで一休みしてみるのはいかがでしょうか。

パルマ・デ・マヨルカの旧市街地は、ランチやカフェ休憩にも最適!

まとめ

この記事ではパルマ・デ・マヨルカ旧市街地の見どころをご紹介しました。

  • パルマ・デ・マヨルカ大聖堂
  • アルムダイナ宮殿
  • 旧市街地の散歩

マヨルカ島 パルマ・デ・マヨルカ旧市街地の観光を考えている方は、参考にどうぞ。

※ 2019年12月現在の情報です。最新の情報につきましては公式サイトをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました