マヨルカ島の旅行前に知っておきたいポイント!治安・気候などの基本情報

Travel

スペインのバレアレス諸島の島のひとつマヨルカ島は、ヨーロッパの中でも人気のビーチリゾート地で、毎年夏になるとヨーロッパの各地から多くの観光客が訪れます。

この記事では、マヨルカ島の観光を考えている方の、

『マヨルカ島ってどんなとこ?治安はどう?』

『観光のベストシーズンはいつ?』

といった疑問に答えます。

本記事の内容

  • マヨルカ島の基本情報(言語・通貨・気候など)
  • マヨルカ島の治安と注意すべきポイント

私が2019年に実際にマヨルカ島への旅行を計画する上で役立った情報をまとめてご紹介します。

安心して現地での時間を楽しめるように、事前にマヨルカ島の基本情報をおさえておきましょう。

Sponsored Links

マヨルカ島の基本情報

地中海西部のバレアレス海に浮かぶマヨルカ島(Mallorca)は、 バレアレス諸島最大の島で、英語ではマジョルカ島(Majorca)とも呼ばれています。

スペイン、バルセロナからパルマ・デ・マヨルカまでは飛行機で約50分くらい、フェリーだと約7時間30分かかります。

太陽とビーチに恵まれたマヨルカ島は、バレアレス諸島の他島、メノルカ島(Menorca)やイビサ島(Ibiza)と同様に人気のある観光地です。

夏になると、ヨーロッパ中から観光客が訪れますが、特にドイツとイギリスからの観光客が多いようです。

言語

マヨルカ島の公用語は『スペイン語』と『カタルーニャ語』です。

しかし、観光業が盛んなため、英語やドイツ語を話せる住民がたくさんいて、空港やレストランなど、主な観光地でスペイン語・ドイツ語・英語が通じます。

ドイツ語のメニューを置いているレストランも多かったです!

通貨

マヨルカ島の通貨は、ユーロ (Euro)で、略号としてEURや € が利用されています。※1EUR=120.10円(2019年12月8日現在)

マヨルカ島では、ホテルやレストランなどほとんどの支払いでクレジットカードが使えます。

しかし、小さなお店などでは現金決済のみの場所もあるので、 ある程度の現金も用意しておくことをお勧めします。

電圧・プラグ

マヨルカ島のプラグはCタイプとFタイプが主流です。

日本のプラグはAタイプなので、マヨルカ島でスマホやカメラなどを充電する際には変換プラグが必要となります。

また、マヨルカ島の電圧は220Vで、日本の電圧100Vよりも高くなっています。

旅先へ持っていきたい電化製品がそれぞれ100V‐240V対応をしているか事前にチェックしておきましょう。

ちなみに、最近のスマホやカメラ等の充電器は100-240Vに対応しているものが多いです。

その場合、変圧器は不要で、変換プラグさえ用意すればOKです。

気候・ベストシーズン

マヨルカ島は年間で300日が晴れるという気候に恵まれた島です。

中心都市パルマ・デ・マヨルカの年間平均最高気温が22.0℃、平均最低気温が14.8℃となっています。

Average min and max temperatures in Palma de Mallorca, Spain   Copyright © 2019 www.weather-and-climate.com

一年中暖かく過ごしやすい気候のマヨルカ島ですが、 ビーチ観光のベストシーズンは夏にあたる6月〜9月となっています。

しかし、ベストシーズンだと言われているだけあって、夏の期間はヨーロッパ各地からの観光客が殺到する時期でもあります。

夏のマヨルカ島はヨーロッパの若者たちで賑わい、クラブやバー、ビーチでのパーティーは夜が明けるまで続きます。

中でも、マヨルカ島のマガルフ地区(Magaluf) はパーティタウンとして有名です。

マヨルカ島を静かにゆっくりと楽しみたい方は、夏のハイシーズンを避けるか、パルマ市内から離れた場所に宿泊するのもいいかもしれません。

時差

日本とマヨルカ島の時差は-8時間ですが、スペインは『サマータイム』を導入しているので、サマータイムの間は時差が-7時間になります。

日本のほうが先に進んでいるため、日本時間から7または8をマイナスした時間がマヨルカ島の時間となります。

サマータイムの実地される期間は毎年3月下旬から10月下旬までとなっています。

マヨルカ島の治安

マヨルカ島は一般的に安全だと言われています。

特に治安が悪いというわけではなさそうですが、基本の安全対策はしっかり押さえておくことが重要です。

スリ・置き引きに注意

特にパルマ市内では、通常の観光地と同様にスリや置き引きなどには十分に警戒してください。

盗難被害に遭わないためにも、貴重品をレンタカーに放置しない、カバンは常にしっかりと握っておく、ビーチに荷物を置き去りにしないなどの盗難対策が必要です。

注意すべき地区と時期

夏の旅行シーズンになると、パルマ市内にはヨーロッパ各地からパーティ好きの若者たちが集まります。

マヨルカのローカルニュースサイト『Majorca Daily Bulletin』の最新記事によると、今年2019年の夏にプラヤ・デ・パルマ(Playa de Palma)では400人以上の逮捕者が出ています。

犯罪の大半は夜間に発生しており、その多くはビーチで起こった事件となっています。

夜間の一人歩きには充分に気を付けてください。

犯罪に巻き込まれないためにも、

  • 危険だと言われている場所へ近づかない
  • 土地勘のない場所は夜に一人で歩かない
  • ホテル選びは慎重にする
  • 事前にホテル周辺に危険な場所はないかを調べておく

などの基本的な安全対策をしておくことが重要です。

まとめ

この記事ではマヨルカ島への旅行の前に知っておきたい基本情報と治安状況についてご紹介しました。

  • マヨルカ島の基本情報
  • マヨルカ島の治安

マヨルカ島への旅行を考えている方は、参考にどうぞ。

※ 2019年12月現在の情報です。最新の情報につきましては公式サイトをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました