スマホ依存対策アプリ8選!Googleデジタルウェルビーイング【アンドロイド】

Digital

スマホ依存症が深刻化し、世界中で問題視される今、Googleもスマホ中毒対策に力を入れはじめています。

この記事では、Googleが開発した、スマホの使いすぎを防止するための実験的なアンドロイドのアプリをご紹介します。

本記事の内容

  • Android ライブ壁紙(Activity Bubbles・Screen Stopwatch・Unlock Clock)
  • Android ホームアプリ(Desert Island・Morph・We Flip)
  • Post Box:通知が届くタイミングをコントロール
  • Envelop:スマホを紙の封筒で封印!?

2019年10月に、Googleはデザイナーや開発者がデジタル・ウェルビーイングを製品に組み込むことを奨励するためのプラットフォーム『Digital Wellbeing Experiments(デジタル・ウェルビーイング実験)』を開設しています。

今回は、その実験的な試みとして公開されているデジタル・ウェルビーイング関連のアプリを8つ見ていきます。

Sponsored Links

Android ライブ壁紙

デジタル・ウェルビーイング実験の新アプリの中には、Androidのライブ壁紙もいくつか発表されています。

どれも1日のスマホ利用度をリアルタイムで把握することができる便利なライブ壁紙です。

Activity Bubbles

Activity Bubblesは、スマホをアンロックするたびに新しいバブルが増えていき、バブルはスマホを使う時間が長ければ長いほどバブルが大きくなっていくライブ壁紙です。

Screen Stopwatch

Screen Stopwatchは、スマホをアンロックするたびにその日どれだけスマホを使ったかを『時』、『分』、『秒』の各単位で表示してくれるライブ壁紙です。

Unlock Clock

Unlock Clock は、その日にスマホのロックを解除した回数を数えてくれるライブ壁紙です。

Android ホームアプリ(ランチャー・アプリ)

デジタル・ウェルビーイングの実験アプリの中で、ぜひ活用してほしいのがAndroidホームアプリ(ランチャー・アプリ)!

ホーム画面に、必要なアプリのみを表示することで、余計なアプリを使ってしまうのを防ぐことができます。

Desert Island

Desert Island は、無人島に行くときの持ち物を選ぶように、24時間の間に使うアプリを7種類まで選択して表示するアプリ!

必要なアプリのみを絞って画面に表示することで、使いたい機能にサクッとアクセスできるようになります。

非表示にしたアプリを使いたい時には、ヤシの木をタップすれば、アプリ選択画面を開くことができます。

Morph

 Morph は、目的別に登録しておいたアプリだけをホーム画面に表示してくれるアプリ。

仕事用、プライベート用、旅行用など、目的に応じた複数のモードを自由に作成でき、予め指定した時間や場所になると、モードが自動的に切り替わるように設定できます。

We Flip

We Flip は、複数人で楽しめるアプリなので、友達や家族と一緒に集まっている時などに、ゲーム感覚で、楽しくスマホの使用頻度を抑えることができます。

ルールは至ってシンプル!一番最初にスマホのロックを解除した人が負けとなります。

一度に計4人登録でき、それぞれ名前を入力したらセッションがスタートし、誰かがスマホのロックを解除するとセッションが終了し、継続時間が表示されます。

Post Box:通知が届くタイミングをコントロール

Post Box は、スマホに届く通知を、指定した時刻まで非表示にしてくれるアプリ!

通知が届く頻度(1日1~4回)や時刻を予め決めておくことで、好きタイミングで一度に溜まっていた通知をチェックすることができます。

また、届いていた通知はアプリごと、通知の件数ごとに見やすく表示されるので、溜まっていた通知を効率的に読み返すことが可能になります。

予め設定した時刻になるまでは、スマホに通知が届くことはないので、『集中したい時に通知が届いて気が散ってしまう』というのを防ぐのに便利です。

Envelop:スマホを紙の封筒で封印!?

Envelope は、スマホを封筒に入れて使う、かなりユニークなデジタル・ウェルビーイングの実験アプリ!

Google Pixel 3a 端末用の封筒のデザイン(PDF)を印刷して、組み立てた封筒の中にスマホを入れると、スマホがシンプルで落ち着いたデバイスに大変身!

封筒の片面(スマホの画面側)には数字を入力するための10桁のキーがあり、Envelopeのアプリがボタンを光らせて封筒の紙の上からも見えるようになっています。

このキーを使って、電話をかける、電話を受ける、写真を撮影するなどスマホの基本機能のみは使用ができます。

まとめ

この記事では、スマホの使いすぎを防止することを目的とした、Googleのデジタル・ウェルビーイング関連のアプリを8つ紹介しました。

  • Android ライブ壁紙(Activity Bubbles・Screen Stopwatch・Unlock Clock)
  • Android ホームアプリ(Desert Island・Morph・We Flip)
  • Post Box:通知が届くタイミングをコントロール
  • Envelop:スマホを紙の封筒で封印!

気になるアプリがあった方は、PlayStoreからダウンロードして試してみるのもいいかもしれません。

今回紹介したアプリ以外にも、『Digital Wellbeing Experiments』では、ユニークなアプリが数々公開されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Digital
Sponsored Links
シェアする
Exploring 4EVER
タイトルとURLをコピーしました